栗田 淳平

Kurita Junpei

企画部企画二課 係長

2015年入社

現在のお仕事内容は?

企画部として、看板のデザインと図面の作図、それから現場スタッフとのやり取りが主な業務です。

協同工芸社に入社を決めた理由は?

僕はもともとサインデザインに興味があり、看板会社に入りたいと思って探していたんです。そして、モノづくりそのものも好きだったので、「最初から最後まで一貫して責任を持てるところ」という希望がありました。仕事を受注して、図面を引いて、制作して取り付けるところまでを最後まで見ていける会社というのはなかなかないんです。協同工芸社ではそれができるので、ここを選びました。

協同工芸社はどんな雰囲気の会社だと思いますか?

企画部は目の前のモニターに集中していることが多いので、外から見ると「ピリピリしてる」って言われるんですけど(笑)、実際のところはそうでもないと思います。何かあれば気軽に相談しあって仕事しています。

企画の仕事のやりがいはどんなところですか?

やはり、デザインから設計を考えていくところです。「これをどう作るか?」とひねり出した案で図面ができて、実際にうまく制作できて取り付けが終わったときの達成感は格別です。大きなものになれば、それこそネットニュースなどのメディア露出で自分の制作したものを見られることもあります。

企画の仕事に向いていると思う人は?

企画力はもちろんですが、営業やお客様、現場スタッフとも話しながら進めていくので、コミュニケーションができると仕事を進めやすいと思います。それと、相手に正確に伝えるためには自分がきちんと理解している必要がありますので、理解力も重要だと思います。

今後チャレンジしてみたいことは?

より大きな案件を手掛けていきたいという思いはありますが、IllustratorだけでなくCADを使っていくなど、スキルアップもしていきたいと思っています。そういう際のサポートも会社はしてくれているので、使えるものは使って自分のスキルアップ、キャリアアップをしていきたいです。