| wpmaster

更新 | wpmaster

5月9日「社会人になっての変化」(企画設計:横澤)

企画部(設計)

こんにちは。

 

ゴールデンウイークが終わりましたが
みなさんはいかがお過ごしでしたか。
私は家族と過ごしました。

 

家族とは半年ぶりに会いましたが、
両親と話していて感じたことがあったので、
今日はそのことを書こうと思います。

 

私は昔から人見知りで、社交的とはかけ離れた性格をしていました。
(自分的には今もですが…)

 

高校時代は男の子が苦手で、
ほんの特定の子としか話した記憶がありません。

 

大学に入学して、私は建築と機械のコースがある学科だったので
周りが本当に男の子ばかりでした。
最初は「最悪だ」と思い、大学に行くのが嫌でしか
いつの間にか慣れて、すぐに平気になりました。

 

大学時代、周りの子が真面目な子ばかりだったので
なんとなく周りの子に合わせて真面目に過ごしましたが
思い返せば周りに合わせてばかりで
全然自己主張なかったな…と思います。

 

社会人になる直前、
周りの目が気になり言いたいことがいえず、
加えて適当な自分が
ちゃんと毎日働くことができるのか、と
すごく不安でした。勤まるわけがないと思っていました。

 

ですが、いざ社会人になって、
私の同期や周りの人はみんな、
良い意味で意見をはっきり伝える人が多くて。
そういう環境に入ったら、自分も臆せずに
自分の考えることを話すことができるようになりました。

 

「仕事だから!」「ちゃんとしなきゃ!」という責任感?からか
随分と気も強くなりました。笑
(本当は違うんですよ…笑)

 

一番最初の内容に戻りますが、
私は遠方の大学で一人暮らしだったので、
丸7年、親と半年に1回程度の頻度でしか会っていません。
たまにしか会わないと変化も強く感じるようで、
随分と変わったね と言われるようになりました。

 

いま就活をされているみなさん、
きっとこの先の社会人生活に不安を感じている方も
たくさんいると思います。が!
私のように順応できる人って多いと思います。
本当に、なんとかなるものなんです。

 

協同は一生懸命で熱い人が多いです。
良い刺激を受けて良い意味で順応できるはずです!

 

みなさんのこと、お待ちしています( ´ ▽ ` )