| wpmaster

更新 | wpmaster

3月30日「看板の設計について」(企画設計:横澤)

企画部(設計)

こんにちは。

 

企画設計の横澤です。
今日は看板の設計について、どのように進めているかを
お話ししようと思います。

 

協同工芸社の企画部にはデザインメインの企画課と
設計メインの設計課があります。
わたしは設計メインの設計課です。

 

進め方や考え方は部署内でも個人差がありますが
わたしの場合

 

◆お客様に対して
・イメージする看板の見た目を極力変えずに
強度などしっかりとある看板を提案する
→とにかくお客様の希望をできる限り叶えられるよう
考えて提案します。

 

◆営業さんに対して
・見積もりがすでに出てる場合、
その金額内に収まり利益が出るよう、
部材を選定し、仕上がり、加工方法、施工方法を
検討します。
→お仕事なので、利益はつきもの。
できるだけ利益が出るように考えます。

 

◆工場の方へ対して
・出来るだけシンプルな作りになるように心がけて
図面を見れば全てがわかるように描きます。
→設計の正解はひとつではありません。
いくつも正解がある中で、出来るだけ
シンプルな作りにすることでミスも手間も減ります、打ち合わせはもちろんします。
また、打ち合わせはもちろんしますし、
質問があれば、その都度お答えしてます。
ただ、外出や帰宅などしていて自分がいなくても
困らないよう図面にはかなり情報を落とし込みます。

 

◆取付さんに対して
・現場での作業が最小限になるよう、
準備は徹底し、しっかり打ち合わせをして
現場に送り出します。
→取付さんと呼ばれる施工をしてくれる方達がいます。
ベテラン揃いで、思いがけない現場状況にも
いつも対応してくれます。
そういうことは珍しくないですが、現場での作業時間にも
限りがあるので、少しでも手間が減るよう
準備できるものはして、送り出します。

 

企画部は司令塔の様な部署だと思います。
こうして周りと連携を取ることで
お客様の希望通りの看板を設置することができます。

 

写真もなく真面目な話をしてしまいました。。
ではまた!

 

企画設計:横澤