3月13日「製作の作業内容について2回目」(製造:井桁)

工場

こんにちは
製作課の井桁です。

 

私は、通勤に自転車を使っているのですが最近少しづつ気温が上がりやっと春が来たなぁと感じています。

 

 

今回はパネル(アルミ複合版)板金と言う作業について紹介したいと思います。

 

PHOTO
簡単に言うと、このような鉄の骨組みに対してパネルをセットする作業の事です。

平面的な看板であれば単純な作業の繰り返しなのですが、手間が多く時間のかかる作業です。

 

 

 

PHOTO
まず使用するパネルを鉄骨の上に並べます、これは鉄骨のサイズとパネルのサイズが一致しているか確認のためです、ズレが大きい場合はセットする前にカットする必要があります。

 

 

 

 

PHOTO
サイズがあっている事を確認したらインパクトドライバを使いビスを入れる為の穴を開けていきます。
看板が大きく多くの穴を開けなければならないのでかなり疲れる作業です。

 

 

 

 

PHOTO
穴あけが完了したら一旦セットしたパネルを全て外します。これは穴を開ける際に鉄骨からでたキリコを掃除するためで、掃除を怠ると鉄骨が錆びてしまいます。

 

 

 

 

PHOTO
パネルをもう一度セットしビスで固定したらパネル板金の完了です。今回は仕上げにプリントを貼って仕上げます。

 

 

 

 

だいぶ簡単に説明させてもらいました。今回以外にも形が複雑なものなど色々な板金作業があります。

 

次回もまた違った作業等の説明をしたいと思います。