| 協同工芸社 広報チーム

更新 | 協同工芸社 広報チーム

【新入社員研修】研修日記ーEC事業課について

2020年入社 新入社員研修
その他
リクルート情報

こんにちは!新入社員のノミンです。

同期の皆さんと一緒に6月12日まで現場研修をするスケジュールでしたが、一ヶ月半の工場研修後5月12日から製品開発部E C事業課に配属されることになりました。

楽天とyahooにおいて運営されているideamakerから販売されている新型コロナヴィルス感染予防のために製品開発部より開発されたコロナ対策グッズの売り行きが好調であったため、E C事業部に配属されました。

 

 

Ideamakerはコロナ対策グッズの専門店なのかという疑問があるかもしれませんが、そうではありません。

私たちの本業は表札のプライベートオーダーを承り、制作することです。

コロナ対策グッズの受注生産から梱包発送する流れについては次回説明したいと思います。

今回は表札事業について簡単に紹介させていただきます。

 

 

E C(Electronic Commerce)事業課で行われている業務は様々ですが、自分が教わっているのはオンラインネットショップの運営です。

業務は以下のようになります。

 

楽天とyahooにおいて受注を受けてからお客様に注文確認メールを送信します。

設計から表札のデザインを作り、そこからお客様とデザインのやりとりをします。

デザイン確定後お客様に製作開始のメールをお送りし、作業指示書を作成して工場の各部署に回します。

最後は出来上がった表札を梱包してお客様の元に発送します。

 

口頭で説明すると簡単な流れという感じがしますが、注文したお客様が納得できる表札を作るのは設計から製作の各部署の協力が必要であり、少なくとも一週間以上かかります。

 

フレームタイル表札

 

各部署の協力が必要であり、少なくとも一週間以上かかります。フレームタイル表札の生産を例として言えば、板金課、製作課、N C課、チャンネル課、塗装課など五つの部署が協力して完成させ、最後はE C課から梱包発送しています。

またオンラインでのお問い合わせに回答したり、お客様のデータを管理したり、ヤマトシステムにおいて送り状を作ったりする業務があります。

 

 

 

今の段階ではまだ一番簡単な仕事しかできていないですが、周りの先輩と上司の方々がみんな優しく親切な人ばかりなので一日でも早く一人前になり働けるようになりたいです。

多くの仕事を任せてもらいE C事業課の力になりたいです。これからの社会人生活についてもやる気満々です。

 

ご拝読ありがとうございました。

 

(ノミン)