| 協同工芸社 広報チーム

更新 | 協同工芸社 広報チーム

【新入社員研修】研修日記~総務課に配属されました~

新入社員
研修
総務部

こんにちは、新入社員の成松です。

 

新入社員である私は工場研修を2ヶ月、するはず、でした。

ところが総務部の人手があまりに足りない!!ということでなんと工場の研修は1週間で終了。

そして総務部での研修が始まったのです…

 

総務部、いわゆる事務です。

皆さんは事務と言われてどのような仕事を想像するでしょうか。

売り上げの計算をしたり、パソコンにかじりついて書類を作ったり、お茶を出したり、雑用をしたり…なんて思っていませんか?

 

いや、まったくその通りです。今挙げたこと、全部やります。

ただ、総務全員がこれらの仕事をしているのではなく、総務部の中で分かれている3部署 経理課、人事課、総務課が分担して仕事をしています。

 

↑入口入ってすぐが総務部。飛沫感染抑制のため 自社製のアクリルパーテーションを設置中です!

 

↑個々の席はこんな感じです。電卓や付箋、印鑑は よく使うので常に出しています。

 

経理課は主にお金に関わる仕事、例えば領収書づくり、入金やお給料の管理などを行っている部署です。

現在働いている経理課の社員の皆さんは簿記の資格を持っているので、経理に興味のある方は簿記の勉強なんかも視野に入れておくと仕事内容が頭に入りやすいかもしれません。

 

次に人事課ですが、皆さんご存じ松村さんが中心になりお仕事をされています。仕事内容もイメージしやすいですかね。

協同工芸社に興味がある方向けの説明会や面接を始めとしたとした採用関係の業務になります。

ちなみに松村さんは経理のお仕事も兼任されています。すごいですね!

 

最後に総務課ですが、冒頭で紹介した雑用類や請求書づくりがメインの仕事です。

雑用と言ってしまうとイメージがよろしくないですが、会社を支える重要な仕事です。

誰かがやらなければいけない細々とした業務や来客対応なんかも総務課が担っています。

 

↑お客様が来たらこんな感じでお茶をお出しします

 

ざっくりとした説明になってしまいましたが、総務部のお仕事はこんな感じです。

 

私自身は会計や簿記に全く関係の無い学部卒なので時折飛び交う専門的なワードに頭を抱えることもしばしばありますが、会計や経済関連を大学で学んでいる方なら私よりさくっと仕事が頭に入ってくると思います。

 

もちろん、私と同じようにそんなの勉強したことないよ、という方でも先輩社員の方々がやさしく教えてくれるので問題はありません!

ただ、エクセルを多用するので基本的な使い方は知っている方が良いかなと思います。

 

高校や大学の文化祭で実行委員なんかをやっていたそこのあなた、事務職に向いていると思います(私の独断と偏見です)。

協力して一つの行事を支え、成し遂げるのって達成感がありますよね。

仕事も同じです。

 

裏方として看板作りという一つの仕事を支えたい、会社の裏ボス的存在になりたい、そんな思いを叶えてくれるのがここ総務部です(2回目になりますが、私の独断と偏見です)!

製造業の花形…とは言えませんが、縁の下の力持ちとして事業を支える、そんなやりがいだらけの部署です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

この記事を見て少しでも興味を持っていただけたら嬉しいです。

 

ほぼ事務職の説明になってしまいましたので、次回は看板づくりにどう総務が関わっているのかを1日の流れと共にご紹介出来たらと思います。

 

それではまたの閲覧をお待ちしております!

(成松)