2019/4/28「看板制作の仕上げ”製作”研修レポート」(新入社員:對馬)

2019年入社 新入社員研修
工場

新入社員の對馬です。

 

入社から続いていた工場研修も終盤に差し掛かり、工場体験や会社見学ではあまり見られなかった先輩方の技術に日々驚いています。

早く戦力となれるよう気を引き締めて残りの研修も望みたいと思います!!

 

今回レポートする「製作課」は、他部署から仕上がってきた製品の仕上げを行う部署で、
主に看板の表示面のシート貼り、パネルやアクリルの加工作業、製品の梱包などを行います。

 

製作課の研修では協同工芸社の第二工場に設置されている「かんばん」4文字の看板のシート張り替え作業を行いました。

 

作業の流れとしては既存の灰色の「かんばん」に、濃いグレーと黄色のシートを貼り、仕上げます。作業前の状態はこんな感じ。

「かんばん」の文字のシート貼りをする表面を研磨し、シートが綺麗に貼れるように準備します。

研磨はランダムサンダーと呼ばれる工具で行います。

この工具は先端に着脱式のやすりをつけて、電動で回転させて研磨する事ができ、広い面積も手早く磨ける優れものです。

ですが、回転している面を当てて研磨するため、反動で腕を持っていかれそうになるので、腕に力をいれて均一に磨くように集中して磨いていきます。

磨き終わったら、次はシート貼りです。

シート課でカットしてもらった「かんばん」の文字シートを貼り付けていきます。

看板本体に手作業で貼っていきます。

素貼りと呼ばれる工程です。

シートの中に空気やゴミが入らないように気をつけて、シワがつかないように協力して作業しました。

 

工場は男性の比率が多いですが製作課では女性の先輩方が活躍していて、手早く正確に手を動かしながらも優しく丁寧に教えてくださるので本当にすごいなぁと感激しました。

 

こうして出来上がった「かんばん」!

 

黄色のアクセントカラーが効いたインパクトのある看板ですね。

入社前はこういった製品は全て塗装されているものと思っていたのですが、シート貼りでここまで滑らかな表面を作り出せるとは…

来社される方の目につく場所にこの看板が設置されるという事で、見かける度に今回の研修を思い出して、

この看板を作った一員として誇りをもってこれからも働いていけたらなと感じました。

(採用担当 松村:第2工場のテラスに設置されていました!)

 

製作課は仕上がりが製品の出来栄えに直結し、担当する作業の分野が広く、さらに他部署との連携が重要と、

難しく大変なことも多いと思いますが、それだけ自ら考えて行動できる、やりがいのある部署だと思いました!