2019/4/28「アクリル箱製作!」(新入社員:時松)

2019年入社 新入社員研修
工場

こんにちは、新入社員の時松です。

入社してからあっという間に1ヶ月が経とうとしています。

最近では先輩社員の方々の顔や名前を覚えたので、名前を呼んで挨拶をしたり、逆に名前を覚えていただこうと努力しています!

 

今週は本社の工場研修が終了し第2工場の研修も始まりました。

今回紹介させていただくのは、本社で研修した製作課についてです。

 

製作課では看板にフィルムを貼ったり、文字を貼ったりして完成させて梱包したりと、主に仕上げの作業をしています。

アクリル板を使って文字を製作したり、表札を作ったりもしている課です。

 

その中で私たちは、アクリル板を使って自分たちで考えた大きさの箱を作ったので、それを紹介します。

 

まず作りたい箱の形と寸法を書きます。

箱には「かちまけ」があります。

箱を組み立てる時、面が全て綺麗に見えてる方を「かち」、内側に入って間に挟まったような面の方を「まけ」と言います。

かちまけを含めて寸法を考えると、板厚の分だけまけの面の寸法が小さくなります。

そして実際にアクリル板に寸法を書き込んでいきます。

今回は乳半アクリルを使用し、茶色いのは保護シートです。

寸法が書けたら実際に板を切っていきます。

パネルソーという大きな機械で板を切ります。

パネルソーは縦幅が大きな板を切ることに特化していて、縦にしか切ることができません。

だから、寸法を書く際に注意が必要です。

細かい部分や、調整で切りたい部分は丸ノコを用いて切断していきます。

切断できたら次はアクリル板を組み立て接着します。

接着したい面を組み立て、セロテープで仮止めをし、接着する部分にアクリルボンドをつけていきます。

アクリルボンドはアクリルを少し溶かすことで接着されるみたいです。

だからつけすぎには注意が必要です。

全面つけ終わったら保護シートを剥がし、内側の四角に補強のため三角棒接着します。

こちらも同様にアクリルボンドを使用します。

最後仕上げとしてボンドが漏れたところやデコボコしたところを目の粗さの異なるヤスリや研磨剤を用いて綺麗にして完成です。

無事に四つ角もずれることなく綺麗に箱を作ることができましたが、寸法はだいぶ小さくなってしまいました。

原因としては、パネルソーの刃の厚みを考えていなかったので、切っていくうちにどんどん小さくなっていたようです。

 

上手く出来たこと、失敗してしまったこと全て、自分で考え作ってみなければ分からなかったことです。
体験してひとつひとつの作業がどれだけ大変で、時間をかけられているか知ることができました。

 

これは製作課のほんの一部でしかありませんが、少しでも体験を通して紹介できたかなと思います。

 

以上、時松でした!